擦り付けオナニーだからこそできた危険なオナニー

私は初めてオナニーした時は擦り付けオナニーだった事もあり、ずっと擦り付けオナニーです。やり方はうつ伏せになって股間を擦り付けて刺激して射精するオナニーです。

毎日オナニーしているため、ある時だけ危険なオナニーをする時があります。それは友人と家で泊りだった時です。いつも起きるのは私が早いです。そのためうつ伏せになるだけで気持ち良くなるオナニーなので、つい寝ている内にオナニーをしようと考えてしまいます。寝ている友人を気にかけながらゆっくりと擦り付けて、オナニーしますが、友人が動いた場合は、1度だけ動きを止めます。

この繰り返しで、射精までしていました。しかし最後に友人と泊まった時にも同じ状況だったので、オナニーをしようと友人の動きに気を付けながら、腰を動かしていました。慎重にやる必要があり、射精まではできませんでした。そして友人の方を見ると、起きてスマホをいじっていました。私はもしかして腰を振っているがバレたのではと、今でも思っています。

セックス中のバック

AVでセックスをすると必ずと言っていいくらいにあるのが、バックの体位です。バックは好きですが、立ちバックは好きではありません。ベッドの上などでのバックはAV女優が四つん這いになり、男優が後ろから挿入して腰を動かす体位ですが、このバックで挿入後に男優が腰を動かすシーンで、激しく動かすと正直エロく感じません。セックスする側は、もしかすると気持ちいいかもしれませんが、見てる側だとちょっとあまりエロく感じません。

逆にゆっくり動かすバックが好きです。ゆっくりというのは後ろから挿入して、腰をゆっくり動かすのですが、入れてからそのまま擦りつけるような動きなります。

するとなんかいやらしい感じがしてエロいです。もしかすると激しくバックをすると、激しい動きなり、ちょっと見づらくなってしまう事が原因かもしれません。さらにバックで腰を掴んで動かすタイプとそのまま四つん這いになっているAV女優に上からまた男優が四つん這いになるのも好きです。